カラオケはレパートリーがなくては面白くない

カラオケ、20代の頃にはよく行っていました。
最近は行っても、あまり面白くない。
というのは、レパートリーが20代の時ので止まっているからです。
あの頃は、別に特別歌を覚えようとしなくても、毎日のように歌謡番組があちこちのテレビ局であり、売れている歌なら嫌でも覚えてしまった、そういう感じありましたよね。
それが歌謡番組が廃れてしまってからは、私の歌のレパートリーはよっぽど売れに売れてる歌くらいしか知らなかったり、サワリの部分しか知らなかったり、という風になってしまいました。
だからカラオケ行っても昔の歌ばっかり歌ってて、あまり受けない。
デュエットなんて、大昔の演歌くらいです。
それを毎回同じのを歌うしかない、という。
もともと積極的に歌謡曲のCDを買ったりする方じゃないから、消極的にでも向こうからしつこく聞かされる歌しか覚えられません。
で、結局数曲歌ったら、他人の聴くしかない、という。
それとも単なる年でしょうか。