懸賞に応募してみます。

懸賞が趣味だと言う人がいます。
何枚もはがきを出せるように、その為に大量に用意して置くそうです。
確かに、その中の何かが当たるかもしれない、と待っている時からとても楽しみでその気持ちだけでも良いのだそうです。
私は石鹸ぐらいしか当たった事しかありませんが、知り合いはパールのネックレスから、一寸した食器セット、洗剤など偶に当たっているようです。
多く応募すれば、それだけ、その楽しみは増えるので、やはりどんどん応募しているのかもしれません。
一回当たるとこれも癖になって嵌ってしまうようです。
知り合いはパールのネックレスで有頂天になって電話をしてきたものでした。
一つの真珠にチェーンが付いたタイプですが、とてもキレイな真珠で知り合いが喜ぶのも分かります。
いつも、雑誌などに載っている懸賞で、当たると良いのに、と思っているのが海外旅行です。
いつも、当たった人はどんな気持ちなんだろうと羨ましくなります。
今度は私もいろいろ応募したくなってみました。