バンパー 修理 料金

自家用車を運転中、まさかバンパーを傷つけてしまうとは誰もが思ってもみないことです。ですが大切な自家用車を傷つけてしまったら、例え些細な傷や凹みであったとしても、早く綺麗に修理したいと思うでしょう。それに伴い急な出費となってしまいますので、少しでも安い料金で収めたいと思います。バンパーについてしまった、傷や凹み具合により料金に大きな差が出ます。数センチ程度で済む場合、またはバンパーの半分程度を板金塗装する場合、全てを交換しなければいけない場合と様々です。些細な傷なら少し磨く程度で綺麗になることもあり、また支払方法についても、一括、分割、保険対応と様々ですので、まずは専門業者に相談をし、的確なアドバイスをいただき、自分に負担をかけすぎない様に無理のない修理を依頼しましょう。

地元の板金店や修理専門店に交渉をしてみよう

バンパーを傷つけてしまったら、バンパー全てを取り替えなければいけないと思いがちになります。そして一体いくらかかってしまうのか心配になってしまいます。ですが修理の仕方は傷や凹みによって違いますので、小さな傷や浅い凹みなら、心配するほどの料金はかからないでしょう。また最近ではカー用品を取り扱う店舗がたくさんありますので、気軽に修理用品も手に入れることができます。軽く汚れがついてしまったくらいであれば、しっかりと磨くだけで綺麗になりますが、自分では判断できない傷や凹みの場合は無理に修理しようとせずに、地元の板金店や修理専門業者へ相談することが、料金を少しでも下げる一歩となるでしょう。きちんと相談することにより、無理な修理はせず、こちらの予算に合わせた修理をしてくれることでしょう。また修理に詳しい知人がいるととても心強いです。一人で悩んで決めずに必ず相談をして解決していくことが大切です。

修理のプロに任せるのが一番の解決方法

自家用車を新車もしくは中古で購入した場合、何か不具合があれば、まずは購入したお店に連絡することが多いでしょう。ですが正規ディーラーや中古車販売店にバンパーの修理を依頼すると、小さな傷や凹みならそのお店の整備工場で直る場合もありますが、ほとんどの場合他の修理業者へ依頼することになります。その場合ですと、料金がその分増えてしまうことになってしまいます。ですので、修理をお願いする場合は、板金店などの専門業者へ直接依頼すると、少しでも安く修理することができます。そしてもう一つ気をつけないといけないことは、損害保険に加入している場合です。保険に入っていると保険金を請求すれば、修理代を保険金で補うことができます。ですがバンパーの修理の場合、単独か自損扱いになりますので、等級が3級下がってしまい、保険料が上がってしまうことになりますので修理の料金と保険料の差額を必ず確認しなければいけません。